究極のイベリコ豚を求めて inスペイン
ドングリを食べるイベリコ豚。最高級の生ハムになるには、1日に1疎世蕕覆韻譴个覆蠅泙擦鵝

はじめまして成城石井 商品部の原です。

これまで伝え切れなかった商品秘話、たくさんあります。
今回の記念すべき第1回目の題材は、今話題のスペイン最高級黒豚
ハモン・イベリコにしました。

この黒豚は、スペインのマドリードから車で2〜3時間かけてたどり着く、
コルク樫の原生林が残る標高800Mのエクストラ・マドーラ地方で、
どんぐりなどの木の実を食べ走り回っているらしい…

スペインに着いて2日。遂にイベリア半島原産種の子豚に出会いました。
黒い爪と黒い皮膚。確かに黒豚です。

広い広いどんぐりの林に、放牧されていました。
生産者によると一日に約8キロのどんぐりを食べる為、
1頭あたり数十本のどんぐりの木が必要だそうです。
どんぐりだけで成長しきれず、飼料を与えてしまうと、
もう究極の豚にはなれないのです。

血液さらさら効果のオレイン酸を豊富に含むどんぐりを、
たっぷり食べながら、
走り周って筋肉組織内に脂肪を浸透させることで、
良質な肉と脂肪のバランスが生まれるそうです。
こんなに独特な飼育方法は他に見たことが無かった。
感動です!

有名なパルマやサン・ダニエレ地方でも
このような飼育方法は無いはず…
これが究極の黒豚を作る秘訣だったんだ。

今、日本のお店でもハモン・イベリコは見かけるようになりましたが、
成城石井はさらに上を求め、
広いスペインの中でも一番飼育に適しているとされている
この地域で育つ黒豚を探しに来たのです。

ハモン・イベリコ・べジョータ これぞ生ハムの王様

この気候、標高、土壌などすべてが他の地域と違うのです。
このような黒豚を使った生ハムの最高傑作を早く食べたい!
お届けしたい!!


初回はこのくらいにして、次回は生ハムのグレードについて説明します。