<< イタリア生まれの感動のチーズ! | main | 『バレンタインデー特集』第1弾! >>
2月3日は「鬼は外!福は内!」
すっかりと寒い日々が続きますね。菓子課 小倉です。

さて、2/3は何の日でしょう?

日本古来の風習のひとつ、『節分』ですよね拍手

節分は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで
節分とは「季節を分ける」ことをも意味しているそうですよモグモグ

江戸時代以降は、立春の前日である2月3日のことを指す場合が多く
現在は節分=2月3日で定着しています。

なぜ「節分」に「鬼」が出てくるのか?というと
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていて
それを追い払うためだそうですよイヒヒ

その邪気の追い払い行為として
節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を
戸口に立てたり、“豆撒き”をしたりするようになりました。



さて、成城石井で毎年人気の「節分豆」をご紹介致します。

豆富本舗「三角袋」



三角のパックに炒った豆が入っています。
袋まま部屋に撒いて、中身は安心してお召し上がりいただけます女

この京都「豆富本舗」の節分豆には
毎年北海道道南地方産の11月頃に獲れる
“特選鶴の子大豆”新物だけを使用しています。



この地方で収穫される大豆は
日本一最良質である!と珍重されていて
とても甘味があるのです。

この大豆に4日間かけて水をかける
「水掛け製法」で豆をやわらかくします。
(通常では1日ジャボンと漬けるだけだたらーっ

その後、炎をころした火で、まるで蒸し焼きにするように時間をかけて
煎ることで、さらに甘味のある味わいに仕上げています。


ちょっと変わったオススメ品として・・・

豆富本舗「鬼のあしあと」



名前の通り、鬼の「あしあと」の形をした
べっこう飴です。
とても人気なのですよ拍手


ご家族で「豆まき」をぜひお楽しみください!