<< この秋一番の新商品!「成城石井」&「新宿中村屋」共同開発商品『ビーフハヤシ』!! | main | 成城石井自家製パン秋の新商品! >>
大旦那のにんにくは最高!!
こんにちは男
青果課の大石です。

今回御紹介するのは、スタミナ野菜の代表選手…
料理の味付けにも欠かせないスーパー野菜…
そうワッ!にんにく”ですグッドup

「にんにくなんて、何処にでもあるじゃないか!NO!
…なんて声が聞こえてきそうですが、
この“にんにく”は違うんですよてれちゃうひらめき

やって来たのは、
北海道旭川「彦一にんにく」さんです。
“にんにくの本場”と言えば青森ですが、
品質では負けていませんチョキ

「彦一にんにく」さんでは、公共事業で養った
不毛の土を微生物の力で土壌改良する技術を
地域農業の活性化に貢献できないかと模索…
どうせなら、最も身体にパワフルな農産物は何か?
ということを色々な分野から(例えば薬学とか・漢方薬・健康食品)
突き詰めた結果… 
たどり着いたのが「にんにく」だったそうですよつばのクローバー

栄養価の高い「にんにく」を…
農薬や化学肥料を一切使わずに育てて…
多くの方に召し上がって頂き…
世の中の人が元気になる…

…素晴らしいです男ラブ

私が訪問したのは、正に収穫時期!

目の前には、にんにく畑が広がっています。
除草剤を使いません。
「彦一にんにく」さんでは、葉の部分が自然に枯れる(2/3位)まで
待ってから収穫を始めます植物

down「にんにくの芽」です。
本当のにんにくの芽です。
一般に流通しているのは“にんにくの茎”ですね。

downこちらは“北海道で育てた種から生まれて育った「彦一 一世」!”
北海道生まれのにんにくです。
青森から持って来た種で育った「にんにく」に比べると、
旭川の環境にマッチしたのか?
太くて丈夫な茎に育っています植物おてんき

ちょっと抜いてみましたひらめき
生命感に溢れています。
“力強い生命力に満ち溢れた、健康そうな「にんにく」”です。

続いては、畑を後にし作業場へ…

目の前に大量の「にんにく」が吊るされています見る
大量のにんにく!
up自然乾燥… 圧巻です拍手

機械を使った強制乾燥ではなく、
生育〜収穫〜乾燥まで… 
なるべく自然の摂理に合わせて行っています。
(こだわりですねよつばのクローバー

downこちらは昨年収穫した「にんにく」
よく日持ちします。
まだ、しっかりしています。

downこちらは乾燥しきってない「にんにく」
まだハリがあります。
まだ熟成の途中ですが、糖度を計って見ました。
一般に販売している青森産の「にんにく」が
30〜35度位…


ところがワッ!、この「彦一にんにく」は…

downなんだ、これ…冷や汗
四十度オーバーです。
びっくり驚きの糖度41度びっくり

downこちらはちゃんと乾燥した、昨年のにんにくを計測した写真。
恐れ入りました。
凄いですね。48度。
熟成すると糖度が上がるんです!

更に衝撃の映像がこれdowndowndown
何度だろう?
針を振り切っていますワッ!プシュープシュー

down50度以上でも計れる糖度計で、計測し直します。
六十五度です。
(昨年、貯蔵庫の中で蜜が出ていたので、その蜜を計測したものです。)

私も「彦一にんにく」の大旦那に、
「うちのにんにくは、糖度が40度以上あるんですよ。」
と言われてたんですが… 
正直、眉唾物かなぁと…聞き耳を立てる
それが… 恐れ入りましたラブ

よつばのクローバー彦一にんにくよつばのクローバーを剥いてみて感じたのは、
実がしっかり詰まっているということ。(緻密な肉質です。)
綺麗な肌です。
味も辛味の中に甘味というか旨味があって、


ホイル焼ディナーにしたのですが、美味しかったですひらめき

北の大地に有機栽培で育てた、
糖度抜群の「彦一にんにく」…

いよいよ乾燥が終了し、販売できます。(9月14日頃〜 予定)

「日本の社会が、元気になるように!」

大旦那の“熱い想い”も込められています男グッド
素晴らしい方です。