<< 【6/27朝10時】さいか屋藤沢店OPEN! | main | 「葉とらずりんごジュース」 >>
島原半島の太陽野菜!
こんにちは。
青果課の大石です。

今回、紹介させていただくのは…
九州は長崎県。
温暖な島原半島で露地野菜を生産している
太陽野菜出荷組合さんの野菜です。
収穫風景です。
御案内をしていただいたのは、
ご家族と一緒に農業を営んでいる末吉健さん。
笑顔が良いです。
優しいお人柄です。

でも… 野菜作りには“激熱”です!!

何しろ、研究熱心!
このブログページでは、とても紹介しきれません。

特に研究されているのが「光合成」。
作物が生長し、栄養を蓄えるのには欠かせません。
いかに効率良く光合成を促進させることが出来るか…
やっぱり… “お天道様”って有難いですね。

先ずは、ジャガイモの畑を案内して頂きました。
眺めが良い!
ジャガイモの栽培には、赤土の畑が適しています。
以前に「三方ヶ原台地のジャガイモ」を紹介しましたが…
ジャガイモの肌が、とても綺麗になるのが特徴です。
長崎県はジャガイモの栽培も盛んで、
赤土で栽培されていることを“売り”にしている産地もありますが、
「客土」といって、よその土地から土を運んでいる産地もあります。

こちらの畑は、元々が赤土の畑!
眼下には海が眺望できる恵まれた環境です。
(潮風がミネラル分も運んでくれると思います。)

太陽野菜さんでは「デジマ」という品種を栽培しています。
“東の男爵”“西のデジマ”と云われ、西日本を代表する品種です。
(適度にホクホクした食感です。)
“若き仕事人”が育てた「新じゃが芋」は…
優しい心に育まれて…
すくすくと元気に育っていました。
茎がしっかりしてる。
空が綺麗です。
赤土が見えます。
掘りたて!
じゃが芋は保存も利くうえ、
色々な料理に重宝されますが、
旬の新じゃが芋は適度に瑞々しさも兼ね備え、
皮が薄いので皮ごと調理できるのも魅力!
なんと言っても… 鉄板メニューは「揚げ物」!!!
それと… これから暑くなってきた時に…
お勧めなのが「冷たいスープ」!(教えてもらいました。)

袋詰めです。
up売場で見かけた際には、是非、お試しください。

そして、もう一品。

こちらの畑を良く見てみると…
葉っぱしか見えない。
ありました!
日差しが幻想的。
up九重栗かぼちゃです!
花落ちの部分が尖っています。
up栗みたいに先端が尖っています。
食感もホクホクして栗のようですが、
喉につまって食べ辛いほどではありません。
適度に“ねっとり感”も兼ね備えて…
甘くて美味しい南瓜ですよ!

こちらの収穫も始まり、
只今、キュアリング中!
(熟成が進みます。)

7月上旬に入荷する予定です。
今しばらく、お待ちくださいませ。