<< スコットファミリーのグレープフルーツ | main | 【特集ページ更新!】SEIJOISHII STYLE 4/23号 >>
手間を惜しまずじっくり仕上げた自慢のお惣菜
こんにちは。惣菜課小林です。
今回はロングセラー商品のご案内です。

1品目は『筍と有機大豆がんもと広田産わかめの炊き合せ』です。
成城石井の和風惣菜は、どれも薄味で出汁をしっかりときかせていますがその代表的な商品がこちら。
downdowndown

がんもを口に含むと中からじゅわっと味がしみでてきます。
人参や高野豆腐にも味がしっかり入っています。
そこに歯ごたえの良い広田産わかめを組み合わせた炊き合せです。
その名の通り、 それぞれを別々に炊いて最後に盛り合わせています
薄味で時間をじっくりとかけて仕上げているからこその味わいがご好評をいただいております。


もう1品は『三陸産鯖づくし』という寿司の盛り合わせ。
downdowndown



こちらに使っている〆鯖がこだわりなんです。
鯖の骨抜き、酢〆、皮むきを全て自社の工場内で行っています。
酢もオリジナルブレンドの甘酢を使用して、成城石井でしか味わえない〆鯖を作り、お寿司にしています。
押し寿司や中巻、にぎりなど色々な形でこの〆鯖を楽しめる商品。
昨年、酢飯の酢を少し弱めてからなおさら美味しくなったとご好評をいただいております。

いずれの商品も手間隙かけて仕上げた工場こだわりの商品です。
是非お試しください。