<< Foire Aux Vins(フォア・オー・ヴァン)開催中です! | main | 新ブランド「desica」誕生! >>
いよいよ桜の季節!
こんにちは。酒販課榎本です。

寒い日もありますがいよいよ桜が開花。お花見の季節到来です
だんだんと気温も上がってこれからは行楽の季節がやってきますね。

お酒の新着情報をお届けします。

桜のデザインボトル「喜楽長 純米酒 サクラボトル」

何度かご紹介している滋賀県の蔵元「喜多酒造」さんから今年は春満開の季節デザインボトルが入荷しています。
詰めるお酒については蔵元と去年から相談を繰り返し、春の陽気をイメージして普段の喜楽長より香りの華やかなタイプの純米酒を選びました。
華やかですっきりとしつつ、お米の甘み、旨みをきちんと柔らかに味わえるとてもバランスのよい純米酒になっています。
お花見に持って行っても美味しく召し上がっていただけるように冷酒向きの生酒ではなく、常温でも冷でも楽しめる火入れのお酒 となっています。
※季節酒のため、店頭在庫のみとなります。品切れの際はご容赦ください。


喜楽長 純米酒 サクラボトル 720ml
 

今年も入荷!
久須美酒造 春の七代目 純米吟醸
成城石井の従業員にもファンがとても多い久須美酒造の限定酒が入荷しました。
この七代目に限らず、久須美酒造の酒造りはとても手がかかっています。
普通の蔵元なら大吟醸などの高級酒にしか使わない麹蓋という道具(米1升くらいの単位で丁寧に麹を育てる伝統的な手法)を1000円台の商品でも採用するなど酒造りにかける情熱には目を見張るものがあります。

(米を蒸すのも伝統的な和釜を使い理想の蒸上がりを目指して毎日蔵人が調整しながら行います)

(このように小さな単位で麹の温度や香りなどを人の感覚で調整する造り方です)

このように丁寧に育てられた麹で造る酒は時間の経過とともにゆっくりと熟成が進み、とても寿命の長い柔らかなお酒となります。
今回春の出荷分は今年度の造りの出来たばかりのフレッシュな酒質となりますが、久須美酒造の目指す清く清々しい野に咲く花のような透明感のある酒を感じることができます。
秋には同じ造りのものがあと半年寝かされ、よく練られ、熟し成長した酒となって再び入荷します。
出荷時期によって表情の異なる季節限定のお酒です。秋の入荷もご期待ください。



七代目 純米吟醸 720ml




もう一品今大人気のクラフトビールから缶が登場しましたのでご紹介します。


常陸野ネスト ホワイトエール缶 350ml


海外の評価も非常に高い木内酒造の常陸野ネストビール。
春の陽気にぴったりの爽やかなホワイトエールが缶で新発売となりました。
今年のお花見のお供にはせひこのふくろうの缶を連れて行っていただければと思います。