<< 【SEIJOISHII STYLE】南半球ヌーヴォで乾杯しよう! | main | まもなくチリヌーヴォ到着! >>
“朝採り”レタスが始まりました!
こんにちは。
青果課の大石です。

店舗限定ですが、今年も例年ご好評をいただいている“朝採り”レタスのシーズンがやってきました。

今回は渡辺農場さんのレタスが美味しい理由を、そして何よりも『その“大変さ”を、身をもって確かめてみたい!』ということで、店舗の青果担当者と一緒にお邪魔しました。



日付が変わる頃に都内を出発!
AM3:00に川上村に到着しました。

都内では寝苦しい夜を過ごしますが…
こちらの夜温は10度台ということで、少し肌寒いくらいです。
(長袖を持ってきて良かった。)

畑に到着すると、辺り一面真っ暗な中
こうこうとライトの灯りに照らされている場所があります。


近付いてみると…


生産者の方々が黙々と収穫作業をされていました。

本日は我々がお邪魔する都合で、恐らく…普段より早くから作業を開始されたことと思います。
誠に申し訳ございません。

畑での大まかな注意事項を受けた後、いよいよ収穫体験です。
前回のブログで紹介させていただいた後継者さんからご指導をいただきます。
(すっかり逞しくなられました。)

先ずはレタスの切り方…

言われた通りにやっているつもりですが…

同じ様にはいかないですね。
いくつか売り物にならなくなってしまいました。
(重ね重ね申し訳ございません。)

箱詰め(バット)のやり方もレクチャーを受けます。

『赤ちゃんを扱うようなつもりでお願いしますね…』
 …この言葉に全てが詰まっています!
本当に農家さんは、自分の子供を育てるように愛情を込めて栽培しているのが伝わったのではないでしょうか?

収穫を行っているスタッフとは別に、ベテランのスタッフは積み込み現場へ…
私もトラクターに同乗させていただきました。


集荷場所に待機しているトラックに、本日、当社の店頭に並ぶレタスが次々と積まれていきます。
(まさに時間との闘いです!)

積み込みを見届けて畑へ戻ります。

うっすらと夜が明けてきました。

当社のスタッフはまだまだ悪戦苦闘中…
やはり手馴れた農家さんとではスピードが全然違いますね。

でも最後は“若い力”を活かして、積み込みの手伝いを自主的に行っていました。
(これは速かった!)


作業が終了して、皆、“やり切った達成感”に浸っています。

皆さん、暗いうちからお疲れ様でした!
今日はゆっくり休んで…
明日からは、今まで以上に大事に販売してください!!

明るくなったところで、“名人”渡辺さんからの説明と質問タイム。

皆、熱心に聞き入っていました。


試食をしたスタッフが口々に、『苦くない!』『少し甘いよね!』と感想を述べていました。
この笑顔が全てですね。




今年も、冷涼な気候で丹精込めて栽培されたレタスを
なるべく畑から採ったままの状態でお届けできるように努めております。






是非、ご賞味ください!