<< 池尻大橋店オープンセール第2弾開催中! | main | 一緒に食べたい!アメリカンチェリー >>
今だけの旬の味!春採れ!新物らっきょう
こんにちは!
乳日配課の田中です。


毎年大人気新物 宮崎県産浅漬らっきょう
の季節が今年もやって参りました!

通常らっきょう漬けというと、短くカットされ、甘酢で漬け込んだものをイメージすると思いますが、これは、毎年5月末〜6月中旬に収穫されたらっきょうを漬け込んだ物になります。

一方、こちらの宮崎県産 浅漬けらっきょうは
「春採れらっきょう」を使用しているところが特徴です!

らっきょう2

春採れらっきょうとは、通常の収穫期の1ヶ月以上前に特別に収穫されたらっきょうです。

細長くシャキシャキとした食感が特徴で、
新鮮な内にあっさり塩味で浅漬にすることにより、
らっきょう本来の素材の味を残したまま、程よい辛み・苦みが絶妙なバランスで楽しめます!

シャキッとした軽い歯ごたえと、さっぱりとした味付け、らっきょう特有の辛味がやみつきで、ついついお箸がすすんでしまいます!お酒のおつまみにもよく合います!

らっきょうの成長は非常に速く、またたく間に大きくなってしまいます。
大きくなってしまう前に収穫し、浅漬にした春採り浅漬けらっきょうは、
まさに今しか味わえない旬の味となっております。

続いて、この美味しい春採れらっきょうが作られる産地
宮崎県都城地区をご紹介します!

元々らっきょうの栽培には水はけの良い土地が向いており、日本でも、砂丘らっきょうなど海沿いの地域が産地になっています。
鳥取、福井県三里浜、鹿児島県吹上浜などが有名です。

一方、宮崎県都城地区は内陸に位置した盆地です。
こちらの盆地は度重なる火山噴火で出来た広大なシラス台地で、水はけが良く、また適度な保水力も持っている土地なのです。

らっきょう3


また、都城の産地特徴は火山灰なので、砂丘とは違い、栄養素を多く含んでいます。
そして、広大な盆地の中では、毎年畑を移すことができ、連作することによる障害は起こりづらい環境です。
このように、宮崎県都城の盆地はらっきょうの生産にピッタリなのです。

らっきょう1


この時期しか味わうことの出来ない旬の味、
宮崎県産 新物 浅漬らっきょう
をぜひ一度お試し下さい!



「上沖 宮崎産浅漬らっきょう 新物」120g ¥380(+税)
らっきょう4

甘口タイプもございます!
「上沖 宮崎産浅漬らっきょう(甘口) 新物」120g ¥380(+税)