<< テレビで放映されました! | main | 7/20(土)入荷予定!『成城石井いちごバター』 >>
インポートフェア開催中!〜スタッフによる現地レポート〜


成城石井では、7/1〜7/31の期間中、 \インポートフェア/ を開催中!
日欧EPAやTPP発効の恩恵による関税優遇で、お求めやすい価格でご提供できる商品が増えました!
直輸入品の品揃えが豊富な成城石井ならではの「インポートフェア」!
ぜひこの機会に、気になっていた商品やオススメの商品をご利用ください!

またこの度、成城石井が輸入取引をしているイタリアのメーカーを、スタッフが訪ねてきました!
本日は、その時の様子をレポートいたします!
成城石井が直輸入する商品が作られる様子や、生産者の想いなどをお伝えいたします!

↓レポートしてくれるのはこの人!
ゾーニン訪問_190517_0004.jpg
卸売営業部 金子

今回、成城石井のスタッフは、イタリアのボローニャ地方とヴェネト地方を訪れました!



まずボローニャでは、「LSM社」という成城石井で大人気のグラナパダーノのメーカーへ。
グラナパダーノの出荷量ではイタリアNo.2を誇るメーカーです。

<LSM社のグラナパダーノ>


最初に感動したのは、工場に入った瞬間から牧草の香りフレッシュな生乳の香りに包まれたこと。
チーズ好きの自分としてはまるで天国のような心地でした!
工場の中はマッチョな男達が手作業で行う工程が多く、完全機械化にはせず、力と経験による職人技があると感じました。

写真?.jpg

出来上がったグラナパダーノの熟成庫へ。 まさにチーズの壁!圧巻…!

写真?.jpg

次に訪れたのは、伝統的なバルサミコメーカーの「べレイ社」
バルサミコ酢にはさまざまな起源説があるらしく、古くは11世紀の貴族文化発祥ともいわれており、現地でも定かではないそうです。
それほどの長い歴史を感じさせるようなぶどうの熟成の芳醇な香りとても穏やかな倉の雰囲気に、イタリア貴族の品の良さのようなものを感じました!

<ベレイ社のアチェート・バルサミコ3年熟成>


熟成期間の中で、少しずつ水分が蒸発し凝縮されていくのに合わせ、大きな樽から小さな樽へ移し替えていきます。
長い期間の熟成を経て、深い味わいがじっくりと作られていくことを知りました!



バルサミコ酢の熟成樽は、ワインとは違い半永久的に使い続けられるそうで、中には100年以上も使用され続けているものもあるようです。
樽の歴史の長さがバルサミコ酢の味の深さに繋がっているのではないかと感じました。
一族の宝といっても過言ではないような重厚なオーラがありました!

写真?.jpg



最後に訪れたのは、イタリア最大規模のプロセッコの生産量を誇る「ゾーニン社」
『フレッシュさ』を大切に、商品づくりをしているメーカーです。

<ゾーニン社のプロセッコ>

 

 

 

 

巨大なぶどう果汁保存倉庫は、24時間・365日、常に果汁保管に最適な温度に保たれており、1年中フレッシュな果汁原料を使える環境が整えられるのも、大規模なメーカーだからこそ!
そんな果汁から作られるプロセッコは、飲んだ時の爽やかさも別格です!
デイリーに楽しめる価格帯でありながらも、管理の徹底さと品質へのこだわりを感じました。

写真?.jpg

現地で特別に飲ませていただいた、製造後5日目のプロセッコは、フレッシュさと泡のキレが抜群でした!

また、伝統を感じる工場の雰囲気とは対照的に、みなさん明るく爽やかな方々で、「いつでも〜どこでも〜誰とでも〜プロセッコ〜」という乾杯の音頭を(日本語で!)教えてもらいました!

写真?.jpg

成城石井の店舗では、現地の様子を詳しく説明したPOPもありますので、お店に立ち寄った際はぜひご覧くださいね!

皆様のご来店をお待ちしております!