<< 究極のイベリコ豚を求めて inスペイン | main | 究極のイベリコ豚を求めて inスペイン >>
究極のイベリコ豚を求めて inスペイン
こんにちは、前回に続き商品部原です。
今回は生ハムのグレードについて説明します。
皆さんは、前足と後足で価格がぜんぜん違うことを知ってますか?

前足はパレタと呼ばれ、
人間の腕と一緒で肉付きが細い分短時間で熟成・乾燥できます。
その分味は…。

後足でも、放牧でどんぐりをあまり食べられず、
一定の体重まで太ることが出来なかった豚に
人工飼料を追加して育った豚をレセボと呼びます。

最後に、後足で放牧だけで丸々太った豚を長時間熟成・乾燥させたのが
ハモン・イベリコ・ベジョータです。
今回はこのイベリコ・ベジョータ(後足)を探しに来ました。

この究極の黒豚は、私が日本で食べる豚と違い豚肉が
なななんと霜降りなんです。
食べると、口に入ると脂が溶け出し甘みが出て、脂っこくないんです。

スペイン闘牛士の夢は
「一流になったら腹いっぱいイベリコが食べたい」
だそうです。
これってお相撲さんが
横綱になったら「寿司を腹いっぱい食べたい」と同じこと?
ハモン・イベリコ・ベジョータ(霜降り)とフォアグラのサラダ
次回は生ハムの最終回、熟成・乾燥のこだわりについて説明します。