<< 山梨産ピオーネ | main | お彼岸には成城石井自家製おはぎをぜひ。 >>
蔵王香鶏
こんにちは。精肉商品部の増島です。
今回は「蔵王香鶏」にスポットを当てたいと思います。

中国伝来の黒鶏の血をひく香鶏は、
鶏の宝庫としてしられる台湾北部がルーツです。
  
「香鶏」がおいしいのは当然です。
何しろ、そのルーツは肉質のよい鶏の宝庫として有名な
台湾北部なのですから。

もともとは鳥骨鶏という中国伝来の黒鶏の血を引く「香鶏」は、
まさに良質な鶏として長年にわたって大切に育てられています。

鶏肉に関して、人一倍うるさい中国人たち味覚を満足させる「香鶏」。
「香鶏」の贅沢な味わいを日本にも定着させるために孵化させ、
丹念な飼育を施しながら、
お客様に喜ばれる納得にいく味覚の提供に努めています。

そのために、農家の人たちは「香鶏」の血統を守り続けています。
それは何よりも「香鶏」の持つ本来の美味しさを
最高の状態で召し上がっていただきたいからです。

丈夫な体質つくりを第一に、
脂肪分の少ない引き締まった肉質に仕上げています。


血統を守ることが基本。
そして、その本来のおいしさをさらに磨きあげていくのが
飼育だといえるでしょう。
のびのびと育てて丈夫な体質つくりを行なっています。

それには、きれいな空気と、
100日間じっくり時間をかけて宮城蔵王の麓で鶏一羽あたり約7.5屬
広々とした澄んだ水のある広大な土地で育てるのが一番です。

飼育期間45日以降は一切薬を使わずに、
穀物主体の独自の飼料によって、
歯ごたえのある脂肪分の少ない引き締まった肉
仕上げています。

またスープをとっても「香鶏」ならではの
にごりのない透き通ったおいしいスープが楽しめます。

ここまでこだわった「香鶏」を是非ご賞味ください。