<< 鮮魚 旬のお刺身盛合わせ | main | お待たせしました、春の「七代目」入荷!! >>
“マンゴーの王様”登場!!
こんにちは!

青果課の大石です。
今回ご紹介するのは

青い旗“本邦初上陸!”
≪キング オブ マンゴー≫ こと

『アルフォンソ マンゴー』(生) です汗

(昨年から輸入解禁となりましたが、
収穫シーズン終了後の解禁だったので…。)

数あるマンゴーの中でも、「王様の果実」と称されるこのマンゴーは…
(特にインド・ラトナギリ地区のアルフォンソ種は「キング オブ マンゴー」と言われています。)

  〜なんでもインドでのマンゴーは、果物以上の地位で…
   王家の遺産としてあがめられ…
   その歴史はムガール王朝時代に遡るとか…
たらーっ
   インドはマンゴー生産世界一で、
   世界の生産量の50%を算出しています。〜
ふぅ〜ん

メキシコ産のアップルマンゴーと比べると…
二回り程小さく…
熟すと皮が黄色くなります。(良い香りです!ラブラブ)


down皮が青くても食べれますが、やや酸味が強い感じ…
まだまだ青い。


down皮が黄色くなり、ヘタの周りが黒くなると熟れた証拠!
綺麗な黄色。

でも… 

更に皮に黒い染みの様な…
墨液を拭いた後の様な模様が付いた時が…

down“最高の食べ頃”です!!
この模様が出たら、食べごろ!
(「バナナのシュガースポット」みたいですね。)
*インドの方々はこの状態のマンゴーを、好んで購入されるようです。 ふぅ〜ん

ジュースやジャム等にも加工されるようですが、
やっぱり“生が一番!!”
今回はこの「キング オブ マンゴー」の生産者さん(現地では、この方のマンゴーは指名買いされる程の人気!)に、

正しいマンゴーの食し方をレクチャーしていただきました。 ラッキー

ステップ.1
先ずはマンゴーのヘタを切り落とします。
(こんなに潰れていても、中身は大丈夫!)
種にぶつからないように・・・。

ステップ.2
続いて扇形に切り取ります。
種に沿って、切り進みます。

黒い点が繊維の筋。
(*黒いのは繊維です。)

ステップ.3
熟したアルフォンソは、手で簡単に皮がむけちゃいます。
*白い洋服に果汁が付かないように、十分注意してください。ポロリ

唾が出てきます・・・。

後は食べるだけ…

「パクッ」

とろけるような食感が… 

たまらなく…

口中に広がる良い香り…

そして何といっても…

とにかく 濃厚 !!

これだけ濃厚な甘さなのに、
甘ったるくないのは…

適度に酸味があるから!

本当に…

「今までのマンゴーは何だったんだろう…」

っていう感じです!!


この果肉・・・ 最高ですよ!

皆さんも王様になったつもりで、

是非、この「キング オブ マンゴー」を

召し上がってください。