生産者限定!こだわりのパルミジャーノ・レジャーノ
こんにちは。乳日配課 奥村です。

入荷を心待ちにしていた商品が、ついに入荷いたしました
それは…生産者を指定して直輸入した、こだわりのチーズ!!

“チーズの王様”と呼ばれる
「パルミジャーノ・レジャーノDOP」
イタリアを代表するチーズだけあって、細かい規定をクリアしたものしか名乗れません。

…ですが、人間の欲望は果てしないものです。
お客様からも、弊社の同僚達にも…
「もっと、もっと、こだわりチーズをっ」とご要望をいただき…
発売にこぎつけたのが、このチーズです!

写真をご覧いただけますでしょうか。
真ん中の赤い印の中に輝く「427」の番号。
これが「427番」の優秀な生産者によって作られた証です。




「427番」は1929年に、何世代もの間ずっとポー川流域で
乳牛を飼育してきた畜産家によって設立された組合です。
牛はイタリア・マントバ県の国立公園に放牧され、
コウトノリやさぎも生息している豊かな自然環境の中、最高の餌を食べて育ちます。

その牛からは香りや味を特徴づける、高品質のミルクが生み出されます。
そのミルクを使用し、丹精込めて作り上げたチーズ。
美味しくないわけ、ありませんよね?

中でも今回輸入したのは通常、24ヶ月熟成されるところ、
30ヶ月熟成させたパルミジャーノレジャーノ。
長期熟成により、豊かなコクが引き出されています。
口に含むと、旨味のかたまりであるアミノ酸の結晶を感じます。



 「427」パルミジャーノ・レジャーノDOP 
30ヶ月熟成 
  100g当¥479

ぜひ、お試しくださいませ!



他、「427」シリーズとして***************


「427」グラナ・パダーノDOP 20ヶ月熟成
100g当¥399

グラナとは粉末にして使うチーズの総称。
削ってパスタなどに使えば格別な味わいです。
じっくり長期熟成から生まれたコクのある風味をお楽しみ下さい。


「427」グラナ・パダーノBIO DOP 16ヶ月熟成
100g当¥459

美しい環境、無農薬の牧草など、完全な自然農法によりのびのびと飼育した牛の乳のみで作り上げられています。
すべてが天然だから安心・安全。
味わいは通常のグラナ・パダーノよりもやや酸味があるのが特徴です。


冬におすすめ!ハイジのチーズ
乳日配課 奥村です。

私には、ずっと憧れの食べ物がありました。
それは幼い頃、アニメ「アルプスの少女ハイジ」で見たチーズ



ハイジがチーズを木の枝に刺し、
暖炉で溶かし、それをパンにつけて美味しそうに食べる画…。
昔から食い意地のはっていた私は、
ストーリーそっちのけで、チーズに目を奪われました。
「食べたいっ。」
けれど、一体何という名前のチーズなのか分からず、
そもそも現実にある食べ物なのか?疑問でしたし、
食べることは叶わないままでした。
しかし…
大人になって、ついに夢が叶いました!

そのチーズの名は…
「ラクレット」!!      


名前はフランス語の「削る」という意味の“ラクレ(racler)”に由来するそうです。
名前が示すとおり、フランスでは専用の加熱機で温め、溶けたところをこそげ取って、ジャガイモにつけて食べるのが一般的。ハムやサラミ、ピクルスを添えて辛口の白ワインと合わせたりするそうです。



でも、日本のご家庭に専用の加熱機なんてないですよね。
オーブン・電子レンジ・フライパン等でも代用可能です!
とろ~り、熱々にとろけたところを、
ジャガイモやパンにつけて…。

口いっぱいに広がる豊かで複雑な風味、香り。うぅ~。堪えられない美味しさです!

家に遊びに来た友人に(ウンチクを語りながら)振舞うと、いつも大好評。
注:部屋はかなり臭くなります。

★店頭での販売価格は
ラクレット(フランス産)100g当 ¥550(税込)でございます。
ぜひ、一度お試しくださいませ!


お知らせ******************

本日(1/25)より、
ルミネ横浜店がリニューアルオープン!


よりごゆっくりお買い物を楽しんでいただくために店内を改装致しました。
こちらを記念して、横浜店限定セールを開催しております。
ぜひ、お越しくださいませ!




人気のぷるぷるぷりんに新しい仲間が加わりました!
こんにちは!
乳製品担当のいいざかです。

発売以来、高いご支持を頂いています、
あすなろファーミングの「ぷるぷるプリン」に
仲間が誕生しました


製造元のあすなろファーミングは
土、牧草作りからこだわり、
それで育てた健康な牛の牛乳を原料として使用しています。

放牧している牛は、その牧草を食べ、
ストレスを感じない大自然豊かな環境で育ち、
健康な牛となります。


村上さんの美味しい牧草、
北海道十勝清水町の美味しい空気に水で育った牛から搾った牛乳。
想像しただけで、美味しそうですよね
とういうか本当に「美味しいんです!」

そんな牛乳を原料に作ったぷるぷるプリンに
北海道産のかぼちゃを使用した「かぼちゃのプリン」
健康効果の高いセサミンたっぷりの「黒ごまプリン」

ただいまおかげさまで人気沸騰中!

成城石井の各店で好評発売中です。
あまり人気に商品が品切れしているかも・・・
(通常そんなことあってはいけないのですが・・)

一度お店に入荷状況を問い合わせ頂けますと、幸いです。

そういえばまだ、うちの子に食べさせて無かった
明日お店行って買って行こう!
・・・在庫あるか、少し心配なりました
本来のモッツァレラチーズって?
こんにちは。乳日配課 奥村です

ビール・白ワインの美味しい季節ですね
この暑さも、その為の調味料と思えば乗り切れそうです。

「知っているチーズの名前を言ってみて」
と言われたら、多くの人が始めに出てくるのは
“パルミジャーノレジャーノ、カマンベール、モッツァレラ”
ではないでしょうか?
今回はその中でも“モッツァレラ”についてです。

「モッツァレラ」とは「引きちぎる」という意味です。
製造工程で、ミルクを固めた塊を加熱しながら練って、
お餅のように粘る熱々のチーズを引きちぎって
形にしていくところからその名が付いたそうです。
(熱いので手が真っ赤になるそうです。)

本来はナポリを中心とする南イタリアで
水牛乳(ブファラ)100%で作られたもの
、を言うそうですが、
年々水牛の数が減ったため、
今では牛乳製が主流となっています。

では、その違いはというと…
外見では同じに見えてしまって分かりません。
ですが、口に入れてみると
その濃いミルクの風味・甘味とコクの違いは歴然! 
”ミルク感”と言ったらよいでしょうか…。
食べ比べると、その味わいの違いに驚くこと請け合いです。

では、ここでオススメ商品をご紹介します。

「アンブロージ社 モッツァレラ ブファラ」


125g  税込売価¥690


牛乳製のモッツァレラよりはちょっとお高いですが…
試してみる価値はあります。


…書いているうちに私も食べたくなってしまいました。
今夜は昨日買った白ワイン「ミュスカデ」と一緒に楽しむことにしようと思います。
皆様もぜひお試し下さい!



金賞受賞!フランスAOC発酵バター
こんにちは。乳日配の飯坂です
世界で一番?美味しいバター入荷しました

それはバターで最高峰といわれるフランスの*1A.O.C.のバター部門で2004年、2005年の金賞2年連続で受賞

このコンクールは、どのメーカーかわからない様にした状態でテストされる「ブラインド」で行われています。
まさにフランス、いや世界が認める発酵バターの最高峰と言えるでしょう。

そのバターは今まで自分が食べていたバターが偽者
と思えるほど美味しく
まさにフランスパン との相性はよく、
パン以上に思わず バターを厚めに切ってしまいそうになる
美味しさと言ってみたら、おわかりになるでしょうか。

やっぱり言葉で表現するのは難しいですね

これが海塩のジャリッとした食感が魅力の「セル・ドゥ・メール」
それ以上に感動が覚えたのが、
世界的に有名なブルターニュの海塩がそのまま粒で味わえる
「セル・ドゥ・メール」という海塩結晶入り発酵バターです。

そのバターのをかじると「ジャリッ」とした食感があり、
「塩み、甘み、旨み」が味わえます。
「このバターに出会えてよかった」と思える瞬間です。

こんなバターをやはり
フランスの一流シェフ達も放っておかない様です。
名立たる名店で料理をさらに美味しくする素材として
使われているとのことです。

そんなバターを是非一度みんさんもお試しあれ!
6/2にオープンのヴィーラージュ成城石井や
アトレ恵比寿店、東急東横店などで販売中です。



*1A.O.C.とは・・・
フランスの原産地統制名称、アペラシヨン・ドリジーヌ・コントロレの略。
バターの他にワインやチーズなどの伝統的な農産物を
保護する法律があり、これをA.O.Cと呼んでいます。

バターでは、原料となる乳を得る家畜の飼育地から、
製造の季節、使用する器具、製造方法にいたるまできめ細かく定め、
この基準をクリアした製品だけが認定を受けることが出来ます。

いわばフランス国がその品質の高さを保証した、
栄誉ある製品の証なのです。
「今が旬!絶品カマンベールチーズ」
乳日配課の奥村です

チーズにも「旬」があるってご存知ですか?
野菜や果物に旬があるように、
チーズにも一番美味しい時期があるんです
初めて教えてもらった時、
「チーズってやっぱり生き物なんだ」って改めて実感しました。
“目から鱗”です。

ではなぜ、今がカマンベールの旬かと言いますと…

チーズの旬は
「原料のミルクを出す時期+熟成期間」から算出します。

春。長い冬が終わり、放牧が始まります
緑豊かな大地に戻り、牛達はストレスから解放されながら
栄養豊富な牧草やハーブ、高原植物を食べます。

そんな牛から搾られるミルクは
たんぱく質やカロチン等、栄養分がたっぷり!含まれています


このミルク達が熟成期間を経て、出荷され、お店に届くのがまさに
「今」なんです!


いつもに増して風味豊かで濃厚な味わいに仕上がっています!
よ~く観察すると、冬と比べると黄色味を帯びているのが分かります。

そこでオススメカマンベールを2品ご紹介いたします。



・ フランス「カマンベールAOCジロ」カマンベールジロ
(すでに6/1にご紹介済ですが…)
 2005年パリ農業祭コンクール金賞受賞!
 しっかりとした風味を持ちながらも主張しすぎない
 絶妙なバランス。
 250g 通常販売価格¥1190


・ フランス「カマンベールAOCイズニー」カマンベールイズニー
2005年パリ農業祭コンクール銀賞受賞!
老舗メーカーのイズニー社製。
くせが少ないため、初心者の方にオススメです。
250g 通常販売価格¥1190

こちらの2品は
「カマンベールフェア」としまして
6/29までセール価格で販売中です!


ぜひ、「旬」のこの時期にカマンベールをお試し下さい!
私は飲み会でこのネタをよく活用してます!

p.s
5月下旬に、夏休みを頂いて(かなり早めですが)
フランス・ノルマンディへ行ってきました。
見渡す限り新緑の草原の中、
牛達はのびのびと気持ちよさそうにお昼寝したり、
気ままに草を食んだり。。
とっても幸せそう!

きっと今の時期のカマンベールは「幸せパワー」も詰まっているはずです♪
北海道十勝あすなろ牛乳
こんにちは。乳日配課の飯坂です。
皆さん毎日牛乳飲んでますか?
うちの子は毎日欠かさず飲んでますよ。
寝る前に「牛乳!」叫び、必ず飲んでいる我が家は、
牛乳切らした際にはもう大変!!夜中に買出ししたことも・・

最近あまーい牛乳を仕入れることに成功
そして店舗限定にて販売しています。
その牛乳とは北海道は十勝清水町の
その名も「あすなろ牛乳

まずは香り。高温殺菌特有の牛乳臭さはなく、何かさわやかな感じ。
そして、さらりとしたそののどごし。
そのあとは口の中いっぱいに甘みが広がります。

まさにその美味しさに「感動」です。
なぜそんなにおいしくなるのかというと
雄大な十勝平野(残念ながら村上さんの牧場ではありません)
①北海道・十勝の自然豊かな環境 日高山脈、大雪山など
②牛へのストレスをあたえない放牧
③農薬、化学肥料、化学飼料や遺伝子組み換え作物を使わない
④低温(63℃)で長時間(30分)ゆっくりと搾りたてを
そのままパック
⑤ホモゲナイズ(生乳の脂肪球菌を機械的に細かく砕き均質化する)
していない為より自然な「ノンホモ」。
などなどまだまだおいしい理由があります。

おいしい草、おいしい空気、おいしい水で育った健康な牛から出来た
「牛乳」。だからおいしい
低温殺菌 あすなろ牛乳<ノンホモ>
同様に同じ生乳100%できた「無糖のむヨーグルト」や「まいるど飲むヨーグルト」もサラッとしていておいしい!
また機械で連続式に作ったバターと違い、昔ながらの「チャーニング」で作った「あすなろ手造りバター」はその味までもがやわらかく、なめらかですよ。

みんなでカルシウムが豊富な牛乳を毎日飲んで健康になろう!