7月30日は『土用の丑の日』!
こんにちは。
いよいよ土用丑の日が近づいて参りました!
今年の丑の日は7月30日(土)です!

そこで今回は成城石井お勧めの商品を紹介します。

まず、最初のお勧め商品は『国産手焼きうなぎ蒲焼』です!

こちらの商品は職人が1枚1枚手焼きで焼き上げております。
◆「割き」→「白焼」→「蒸し」→「蒲焼」の全工程「手作り」!
◆竹串ではなく金串を使うことにより、熱伝導でふっくらやわらかな焼き上がり。
◆蒸篭を使い蒸すことで、さらに柔らかな仕上がり。
◆産地は「愛知県三河産」「鹿児島県産」を中心に、国内産地の活鰻を使用。
※一部店舗で取り扱いの無い場合があります。


続いてのお勧め商品は『愛知県産うなぎ長焼』です!

こちらの商品は今年育った【新仔うなぎ】です。
新仔うなぎは1年にも満たないで育てあげる為、身が柔らかいです。
数量限定となりますのでお早めにお買い求めください!
※一部店舗で取り扱いの無い場合があります。

今年の丑の日も是非、成城石井のうなぎをご利用くださいませ!
まもなくチリヌーヴォ到着!
こんにちは。酒販課榎本です。

暑かったり、涼しかったり、急に雷雨に襲われたり大変な季節ですね。
これからの最も暑い季節におすすめのフレッシュで爽やかなワインを今日はご紹介します。





まずは大好評販売中の新酒2品をご紹介します。

成城石井ではボージョレヌーヴォが11月に入ってくる前に南半球の新酒を販売しています。
南半球ではブドウの収穫時期が逆転するため、この季節にいち早く新酒を楽しむことができるのです。
日本には初ガツオなどに代表される“初もの”や新米や新茶に代表される“新もの”など、旬を味わい愛でる文化があります。
ワインの世界ではボージョレヌーヴォが認知度も高く楽しまれていますが、ニューワールドの各国にはワインを新酒で楽しむという発想はあまり無いそうで、今回新たに仕入れることができた南アフリカとオーストラリアの2品とも、成城石井のオーダーで初めて新酒として商品化して出荷したそうです。
実際に到着したワインはみずみずしいフレッシュな果実の風味がはじけた期待通りの味わいとなっています。

イムブコ シュナンブラン ヌーヴォ 2016


ポーカーフェイス シャルドネ ヌーヴォ 2016






そして毎年恒例となっているチリからの新酒がいよいよ24日に店舗に到着します!

イスラ・デ・マイポ ソーヴィニヨン・ブラン・ヌーヴォ 2016

今年チリは気候が比較的涼しく、収穫時期は1〜2週間遅くなりました。
樹上できちんと熟したブドウを無事収穫でき、生産者の声からも期待が高まります。
トロピカルフルーツに加えてシトラスフルーツもバランスよく感じられる、真夏にぴったりの辛口白ワインとなっています。
24日販売開始です!
ぜひお試しください。





また24日同日に発売となる新たなスパークリングワインをご紹介します。

ロック・ブラン アイススパークリング

昨年あたりから大手シャンパーニュメゾンでも商品化して販売をしている“氷を入れて楽しむ”スパークリングワインです。
やや甘口でジューシーに仕立てられたスパークリングワインですが、氷を入れて飲むと不思議とあとからレモンなどの柑橘系のフレーバーが広がり、輪郭がはっきりと浮かび上がります。
蜂蜜の風味とシトラスフルーツの爽やかさがバランスよくすっきりと飲めるのでやや甘口でも程よい軽さが絶妙です。
シャンパーニュでいきなりチャレンジはハードルが高いというお客様にもぜひ氷を入れて飲むスパークリングを体験していただければという思いで輸入を決めたこの夏のチャレンジ企画になります。
ぜひお試しください!
“朝採り”レタスが始まりました!
こんにちは。
青果課の大石です。

店舗限定ですが、今年も例年ご好評をいただいている“朝採り”レタスのシーズンがやってきました。

今回は渡辺農場さんのレタスが美味しい理由を、そして何よりも『その“大変さ”を、身をもって確かめてみたい!』ということで、店舗の青果担当者と一緒にお邪魔しました。



日付が変わる頃に都内を出発!
AM3:00に川上村に到着しました。

都内では寝苦しい夜を過ごしますが…
こちらの夜温は10度台ということで、少し肌寒いくらいです。
(長袖を持ってきて良かった。)

畑に到着すると、辺り一面真っ暗な中
こうこうとライトの灯りに照らされている場所があります。


近付いてみると…


生産者の方々が黙々と収穫作業をされていました。

本日は我々がお邪魔する都合で、恐らく…普段より早くから作業を開始されたことと思います。
誠に申し訳ございません。

畑での大まかな注意事項を受けた後、いよいよ収穫体験です。
前回のブログで紹介させていただいた後継者さんからご指導をいただきます。
(すっかり逞しくなられました。)

先ずはレタスの切り方…

言われた通りにやっているつもりですが…

同じ様にはいかないですね。
いくつか売り物にならなくなってしまいました。
(重ね重ね申し訳ございません。)

箱詰め(バット)のやり方もレクチャーを受けます。

『赤ちゃんを扱うようなつもりでお願いしますね…』
 …この言葉に全てが詰まっています!
本当に農家さんは、自分の子供を育てるように愛情を込めて栽培しているのが伝わったのではないでしょうか?

収穫を行っているスタッフとは別に、ベテランのスタッフは積み込み現場へ…
私もトラクターに同乗させていただきました。


集荷場所に待機しているトラックに、本日、当社の店頭に並ぶレタスが次々と積まれていきます。
(まさに時間との闘いです!)

積み込みを見届けて畑へ戻ります。

うっすらと夜が明けてきました。

当社のスタッフはまだまだ悪戦苦闘中…
やはり手馴れた農家さんとではスピードが全然違いますね。

でも最後は“若い力”を活かして、積み込みの手伝いを自主的に行っていました。
(これは速かった!)


作業が終了して、皆、“やり切った達成感”に浸っています。

皆さん、暗いうちからお疲れ様でした!
今日はゆっくり休んで…
明日からは、今まで以上に大事に販売してください!!

明るくなったところで、“名人”渡辺さんからの説明と質問タイム。

皆、熱心に聞き入っていました。


試食をしたスタッフが口々に、『苦くない!』『少し甘いよね!』と感想を述べていました。
この笑顔が全てですね。




今年も、冷涼な気候で丹精込めて栽培されたレタスを
なるべく畑から採ったままの状態でお届けできるように努めております。






是非、ご賞味ください!
【SEIJOISHII STYLE】南半球ヌーヴォで乾杯しよう!
成城石井のWEBマガジン
SEIJOISHII STYLE
、更新しました!
(下のバナーリンク、またはHPの「商品のご紹介」からご覧いただけます。)



今月のテーマは・・・
今年の夏はワインを楽しむ
南半球のワインで乾杯しよう!



一足早く、南半球の国々から今年の新酒、ヌーヴォが届きました!

ニューワールドのワインは、ストレートで豊かな果実の風味が特徴です。それぞれの国がそれぞれブドウの個性を競っているので、いずれのワインも個性派ぞろい。

フルーティで爽やかな、できたてのワインに合わせ、ワインを引き立てるお持ち帰りグルメもご紹介しています。

この夏はきりっと冷やした白ワインや、フルーティーな赤ワインで乾杯しましょう!
自家製!人気のデザート&お惣菜
こんにちは。
成城石井では自社工場で日々こだわりのお惣菜やデザートを丁寧に作っています。
本日はその中から人気の商品をご紹介!

まずは一番人気のデザート「自家製プレミアムチーズケーキ」


◆おいしさのポイント◆

・表面にはシュトロイゼル(※)でほろほろとした食感が楽しめます。
 (※アーモンドプードル、バター、グラニュー糖、小麦粉をざっくり混ぜたそぼろ状の生地)
・ベイクドチーズケーキにはクリームチーズをふんだんに使用しています。
・チーズケーキ生地の中にローストしたアーモンドやレーズンを加えることで食感・味わいにアクセントをつけています。
・ベースのスポンジ生地にはキビ糖を使用しナチュラルな甘さに仕上げています。

それぞれの味わいと食感のコントラストが絶妙で、
「食べ始めたらとまらないおいしさ」と大人気のチーズケーキは、
ご自宅用にもプレゼントとしても大活躍!
リッチな味わいをお楽しみください。

★こちらはネットショップでもご購入いただけます★



次にご紹介するのは、人気上昇中のエスニックなお惣菜
「冷製トムヤムスープのパクチーサラダヌードル」

年々エスニック惣菜の人気が高まる中、今年は「トムヤムスープ」を冷麺にアレンジした新商品を発売し、ご好評いただいています。

ココナッツクリームとナンプラー等で、まろやかな中に酸味を利かせたピリ辛なトムヤムスープをベースに、スパイシーな味付けの鶏ひき肉と香菜他5種のフレッシュ野菜をふんだんにのせました。


他にも「シンガポール風ラクサ」「フォーガー」「鶏ひき肉のピリ辛ガパオライス」など、エスニックなお惣菜はこれからの暑い季節にもぴったり!

みなさまのご利用をお待ちしております♪