<< “マンゴーの王様”登場!! | main | おすすめ!!紀州産梅干 >>
お待たせしました、春の「七代目」入荷!!
こんにちは。
お酒バイヤーの高橋です。

今や日本酒好きのお客様に
「成城石井に行けばこの蔵のお酒が買える!」と言っていただけるまでなった、成城石井のお酒売り場には欠かせない久須美酒造さん楽しい

新潟県長岡市に蔵を構え、幻の酒米「亀の尾」を復活させ、
漫画「夏子の酒」(ドラマにもなりました)のモデルにもなったことでも知られる蔵元さんです。

「日本酒は、土地の米と水と人情と自然が醸す風」という蔵のポリシーのもとに、地元の自然と酒質に徹底的にこだわります。拍手
いずれのお酒も、蔵の代表銘柄「清泉」の名のとおり、鮮烈で清々しく、優しく、美しい酒を醸されます。

その久須美酒造さんを支えるのが、
若き七代目・久須美賢和専務おてんきラブおてんきラブ
酒造りにとことん情熱を燃やす熱い方です!

その久須美専務が次代を担う若い蔵人達と、
野に咲く花のような酒を造る”という夢に向かい仕込んだ酒。
それが「七代目」

毎年、春と秋の2回、出荷される今や「幻」とも言われるお酒です。どこまでも手造りにこだわり、「麹蓋」という大変手のかかる伝統的な作業で造ります。

専務曰く
「酒は主役じゃないのです。食があってこそ、酒の美味しさが、世界が広がるのです。だから私は、ついつい次の一杯に手が伸びてしまい、飲み疲れしないお酒を造りたいのです」

そのとおりで、口に含んだ瞬間にフワーッと優しく米の香りが口いっぱいに広がるのですが、決して出過ぎずに奥ゆかしく優しい旨味が舌に溶け込んできます。


ラベルもアートディレクター浅葉克己氏が、世界的画家・千住博画伯の名画とをもとにデザインされた、こだわりのもので、七代目のイメージそのものです

いよいよ、今年もこのGWから春の七代目が店頭に並びました。
楽しい私も早速1本買い求めましたが、2日目には、もうなくなってしまいました・・・ムニョムニョ
早く買い足さねば!!

完全に数量限定のお酒です。
ぜひお早めにお買い求め下さい!!



春の七代目は若々しく生命力溢れ、秋の七代目は落ち着きと滋味深さを兼ね備えたお酒です。
秋の七代目もお楽しみにハート